FC2ブログ

星に願いを

主にイザで更新してます。日本らしさを自分たちの手で取り戻そう☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

日本の心のふるさと

こちらがイザブログ用です。

http://ss9ch.iza.ne.jp/blog/


主にこちらでUPしています。


玉蔵さんの記事がファン記事じゃないと見れないそうで…。(>。<)


玉蔵さんのような記事をいっぱいUPしておりますので、どうぞよろしくお願いします♪




[[item(http://www.youtube.com/v/xGU_c4Wmhyw&hl=ja_JP&fs=1,425,344)]]
[http://www.youtube.com/watch?v=xGU_c4Wmhyw 女性兵士の警鐘 (ワクチン)]





03/24/2007
ブッシュの企み
大手マスコミが全く報じないが、先週ブッシュ大統領が200年近く前から存在する、アメリカ軍が自国民を攻撃することを禁止するという“Posse Comitatus法”を骨抜きにした。

新たな偽テロ事件(疫病などの生物兵器かもしれませんね)を起こし、戒厳令を企んでいる可能性が高い。

戒厳令:一時的に統治権を軍隊に移行すること。通常の市民の権利も制限を受ける。本来は戦時・災害時などで通常の統治機構が機能しなくなった時に発動される。

あるいは、占領地で占領軍による統治が行われる場合に発動される。

参考: The American Heritage潤・Dictionary of the English Language, Fourth Edition



そういえば、最近アメリカで戒厳令、発令されましたよね。



02/26/2007
鳥インフルエンザは生物兵器か?
読者のブルさんより以下のメール ()内 をいただきました。

(ベンジャミンさんは、鳥インフルエンザに対してどうお考えですか?以下のサイトでは、怪しい、陰謀ではないかとの話がされています。 http://www.asyura2.com/0601/gm13/index.html 私も、かなり怪しいのではないかと考えています。タミフルが売れて儲かるのは、あのラムズフェルドと関係の深い会社で、結局、単なる金儲けが目的で、マスコミを使っての危険だというキャンペーンや、人為的にウイルスをばら撒いたり、小動物を殺したりして、危険性を煽ったりしているのが本当の所なのではないかと、私なんかはつい考えてしまうのですが。)

ベンジャミンフルフォード

実際はもっと酷い話なのです。アメリカを管理する秘密結社は有色人種を中心に世界の人口を減らそうとしています。そのために今アメリカは生物テロを企んでいます。

例えば2000年9月にかかれた今のブッシュ政権の文章(rebuilding America’s defences)の60ページにはこう書かれています「人種別に効く生物兵器は便利な政治的な道具となる。」

2005年7月13日のアメリカ下院の生物テロ委員会で、政府の生物テロ専門家による発言「アジア各地で鳥インフルエンザの兵器化(weaponization)が進んでる。」

それからわざわざ彼らは北極に行き、1918年に鳥インフルエンザで亡くなった人の遺体を掘り起こして菌を採取したのです。今アメリカの研究所ではそれをもとに、同じ菌を人工的に作っています。こういう事実は恐ろしすぎて、日本の政府が見て見ぬふりをしているのが最も情けないことです。



03/15/2007
アジアの秘密結社が世界を救う
幇や日本のヤクザ、右翼を含むアジアの秘密結社連合から連絡がきた。

彼らは英米の秘密結社が、生物兵器によって世界人口を減らそうとしている計画にとても怒りを感じている。





これは新型インフルエンザの話??↑



03/06/2007
秘密結社のもくろみ
欧米を支配する秘密結社イルミナティは、世界の人口を40億にまで減らす計画をもくろんでいる。主に有色人種を中心に減らしていくようだ。

そのために彼らは女性ホルモンをばら撒いたり、予防接種に避妊薬を混ぜたり、発展途上国で性教育を行ったりなどいわゆる非人道的な方法を用いた。しかし今は疫病で大量虐殺を行おうと試みている。

2005年7月13日の米国下院の議事録で、生物テロの専門家がこう口を滑らせた。

「鳥インフルエンザの生物兵器化weaponizationがアジア各地で進んでいる。」これと似たような発言など複数の証拠がある。

もし私が殺されたら、この問題を絶対に追及してください。私に何かあったら、録音ファイルを含む証拠が各地マスコミに提供される手配をしました。




ベンジャミンさんが2年前に書かれたモノですが、今まさに私たちの身にふりかかっていること、ですよね。



そのベンジャミンさんが最近の記事でこう書かれている。



また中国政府によると、米連銀マフィアとイギリスの中央銀行は世界に売った鍍金のタングステンについて新しい嘘をついているようだ:「あのタングステンは安全装置であり、後に本物の金を送るので少々お待ち下さい」と言い訳をしているらしい。現在米連銀、世界銀行、IMFなどが必至に世界の金の所有者達に「金を売ってくれ」と電話をかけている。しかし金の所有者達はそれを売るつもりがない。そうなると来年の1月6日か1月29日に予定されている金などの決済ミーティングで米連銀は大変なことになるだろう。

http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2009/11/%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%9E%E3%81%8C%E8%BF%91%E3%81%84%E5%B0%86%E6%9D%A5%E3%81%AB%E5%A4%B1%E8%84%9A%E3%81%99%E3%82%8B%E8%A6%8B%E8%BE%BC%E3%81%BF%E3%81%8C%E9%AB%98%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B.html


アメリカ国債に貢ぎまくっている日本にも影響がないとは言い難い…。


アメリカ国債を買わないと宣言した中川さんは社会的制裁を受けて、命を絶たれた。(?)


アメリカ政府は崩壊寸前。はだかの王様。


その上、ワクチン接種を拒否したものは収容所送り、だなんて…。


まるでアウシュビッツみたいですね。


日本では強制するまでもなく、マスゴミの扇動にみんな躍らされる??




あの人にあいたいという番組で生前の司馬遼太郎の回を観ましたが、


数年後には日本がなくなっているんじゃないか?と…。


小沢さんが懸命に外国人に参政権を与えようとしているけど、


これが通ったら、日本が日本じゃなくなる。


(本当かウソかはわからないけど)すでに、日本人じゃない?政治家が国を動かしているという時点で、


終わっているのかもしれないけど…。


日本の心のふるさとは江戸時代の侍精神、じゃないか。と。


わかるような気がする。


自分なりの武士道を心に携えて、生きることの大切さ。



そういったものを無くして、あるがままに流されるのが一番怖いこと。


何も考えないように生きれば、楽なの??


流されるままに生きる方が、いいの??


本当にそれで、いいの??


今年もあと少しで終わりますね。


搾取するばかりの外国諸国と比べて、日本は技術で対抗している。



日本人が目覚めて力を発揮すれば、世界を救えるという方もいる。


無限エネルギーを作る技術が徹底的に封印されているとも聞く。


こういった技術を日本人が知り、装置を本格的に作れば、石油からの呪縛は解かれる。


(モノは石油がないと作れないでしょうけど)


悪い力が滅び去り、そういった技術が日の目を見ることを祈ります。



来年の話をするのはまだちょっと早いかもしれないけど、


明るい年になればいいな…。
てす。
スポンサーサイト

テーマ:思ったことを口に出しますがなにか? - ジャンル:その他

未分類 | コメント:0 |
<<あけましておめでとうございます。 | HOME |

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。